笑顔輝く青少年育成委員会

委員長 齋藤 篤志

事業方針

 青少年とは次代を担う存在であり地域の宝です。家庭や学校はもちろん、地域が一体となって守り育てていかねばなりません。しかし近年では、共働き世帯の増加や少子化、情報通信技術の発展による人間関係の多様化など、社会の変化により子ども達の対面コミュニケーション能力の低下が懸念されています。

 本年度、笑顔輝く青少年育成委員会では、子ども達の社会性や協調性を養うために、思いやりの心を強く育む事を念頭に置いて一年間活動します。また、第4回いちはらキッズサマーキャンプを開催し「感謝の心」「友情の心」「命の尊さ」のテーマに沿った様々なプログラムを行うことで、子ども達が自他ともにかけがえのない存在であることを認識し、相手を思い自ら行動できるよう導きます。

 我々の運動や活動は、地域の青少年の心の成長を促し、子ども達の「スマイル」輝く未来への一助となることを確信しています。

事業計画

・地域の宝、子ども達の笑顔を絶やさない事業
・第4回いちはらキッズサマーキャンプの開催
・100名LOMへの絶対会員拡大及び育成
・例会の企画及び開催
・出席率向上の取り組み
・LOM事業への積極的な参加
・ブロック事業への積極的な参加
・出向者への支援
・積極的な広報活動
・まちづくり運動の推進
・年間活動報告の作成
・関係資料の整理及び管理