青少年育成委員会

委員長 始関 恭平

事業方針

 近年子どもたちを取り巻く社会環境は大きく変化しています。ICT機器の活用、ネット利用の低年齢化や地縁的なコミュニティの衰退など生活に直結する環境の変化が子どもたちに与える影響はより顕著になっています。特に学校や地域社会など多様な人間関係の中で社会性や対人関係能力を身に着けるコミュニケーションの在り方は変容しており、子どもたちへの影響が懸念されます。
青少年育成委員会では、日々変化する子どもたちを取り巻く現状がどのような影響を及ぼしているのかを検証し、浮き彫りとなった課題に対して何をすべきかを明確にすることで青少年健全育成事業の効果を高めます。本年度開催予定の「第9回いちはらキッズサマーキャンプ」においても現代の子供たちに即した事業内容を構築し、多様な価値観に触れる体験を提供することで、「感謝の心」「友情の心」「命の尊さ」を学んでもらう機会を創出していきます。また、本年度も「第29回かずさカップサッカー大会」「第24回かずさカップわんぱく相撲」を開催すると共に、より時代に即した事業の構築を目指します。
本年度は青少年育成活動の検証や、過去から蓄積された経験を活かすとともに、私たちの役割を明確なものとし、さらなる健全育成に繋がるよう精進していきます

事業計画

・未来を担う青少年の健全育成
・SDGsのシンボルとなるまちの実現を目指す運動
・50Vision達成に向けての取組
・第24回かずさカップわんぱく相撲市原場所の企画、実施
・第9回いちはらキッズサマーキャンプの企画、実施
・第29回かずさカップサッカー大会の企画、実施
・例会の企画及び開催
・例会、事業の検証及び引継
・会員の拡大及び育成
・出席率向上の取組
・LOM事業への積極的な参加
・日本青年会議所事業への積極的な参加
・出向者への支援
・年間活動報告の作成
・関係資料の整理及び管理
・まちづくり運動の推進
・災害復興支援の推進