拡大交流委員会

委員長 始関 恭平

事業方針

 現在、青年会議所は全国的に会員数の減少が懸念されており、それは市原JCも例外ではなく、明るい豊かな社会の実現のためにも継続的に会員拡大をする必要があります。メンバーが増加することで多くの交流が生まれ、さらなる自己成長や学びの機会が増え、JC本来の目的である率先してまちの課題解決に取り組む組織としての活動をさらに拡大させると考えます。

 本年の拡大交流委員会では、一部のメンバーだけではなく全メンバーが一つとなり、チームとして会員拡大活動をするため、JCの魅力や価値を共有できる機会を設け、それを発信することのできるメンバーを育成します。そして、共通意識を持ったメンバーと知人や先輩たち、行政、関係諸団体との交流を創出することで、新たな同志との出会いを生み出し、さらなる拡大に繋げます。入会されたメンバーに対しては、新入会員オリエンテーションを通してJCの魅力や目的、意義をさらに理解していただき、参画意識を高めます。

 また、メンバー同士の交流を図る機会を恒常的に設けます。今まで交流の少なかったメンバーとも積極的に言葉を交わすことにより、メンバー同士のさらなる絆が生まれ、組織の絆をいっそう強固なものにして参ります。

 これらの活動で、一人ひとりが会員拡大活動を自分ごととして捉え、自信を持って他者に魅力を伝えることのできるメンバーへと成長することが、25名の会員拡大へと繋がると確信しています。

事業計画

・25名必達会員拡大及び新入会員の育成
・新入会員オリエンテーションの実施
・原点回帰の意識改革と時代に即した組織改革の促進
・持続可能なまち市原の実現に向けたSDGsの推進
・例会の企画、実施
・各例会、事業の検証及び引継
・出席率向上の取り組み
・LOM事業への積極的な参加
・日本青年会議所事業への積極的な参加
・出向者への支援
・まちづくり運動の推進
・年間活動報告の作成
・関係資料の整理及び管理
・災害復興支援の推進