事務局

事務局長 茂木 理恵

事業方針

 事務局はルールに沿った組織運営を行うことを基盤とし、社会環境の変化とメンバーの多様化した生活様式に対応する運営が必要です。また、市原の発展にさらに寄与するためには、私たちの発信する活動の目的を、地域の方々に広く情報発信し続けていくことが必要です。

 今年度の事務局では、社会環境や生活様式の変化に対応するため、スムーズな情報共有がWEB上で可能となるアジェンダシステムを導入し、会議の運営方法を新たに構築します。また、わんぱく相撲では新たな生活様式によって制限された子どもたちの活躍の機会を、関係諸団体と協力しながら新たな運営の構築をし、開催に繋げます。

 広報においては、すべての委員会と連携しホームページやSNSなどをより充実させ発信し続け、市原JCの窓口としてメディアの活用を進めることで積極的な活動を行っていきます。また、日頃よりメンバー間の連絡を密に行うことで、献血活動への積極的な参加や、災害時にも迅速に対応できる体制を整えます。

 社会環境の変化に対応した新たな運営と、積極的な広報活動によって、明るい豊かな社会の実現に向け邁進します。

事業計画

・第23回かずさカップわんぱく相撲市原場所の企画・実施
・地域にインパクトを与える積極的な広報活動
・献血活動の実施
・防災組織の管理及び防災訓練の実施
・原点回帰の意識改革と時代に即した組織改革の促進
・25名必達会員拡大及び新入会員の育成
・持続可能なまち市原の実現に向けたSDGsの推進
・例会の企画、実施
・各例会、事業の検証及び引継
・出席率向上の取り組み
・LOM事業への積極的な参加
・日本青年会議所事業への積極的な参加
・出向者への支援
・まちづくり運動の推進
・年間活動報告の作成
・関係資料の整理及び管理
・災害復興支援の推進