まちづくり委員会

委員長 小西 宏明

事業方針

 まちづくり委員会の活動の目的の一つとして、まちを活性化していく事があげられます。市原市も他の市区町村同様に、過疎化や高齢化が進み、2040年には2.6人に1人は高齢者という超高齢化社会が懸念されています。前述した背景を鑑み、市原市から若者の流出を防ぐことをテーマに掲げ、まちと人を結びつけ活気を与えられるような手法を模索し、課題解決に向けて邁進致します。

 第8回目を迎えるいちはら大綱引は毎年経験を積み重ね、近年はローコスト、コンパクトな運営となり事業譲渡に向けて歩みを進めています。しかしながら、事業譲渡するには参加者は元より、多くの市民の理解が必要であり、まだまだ周知が行き届いていないのも現実です。歴代のまちづくり委員会の想いを紡ぎながらも、新たなアイデアを取り入れる柔軟な発想を持ち、本事業をさらに盛り上げてまいります。その一つとして、広報力を強化し東西南北それぞれの軍が結束を高められる手法を取り入れ、いちはら大綱引のブランド力を高め、まちを代表する観光資源にしていきます。

 本年度、まちづくり委員会は、市原市に活気を与えられるような事業を展開し、さらなる市原市の魅力を市民のみならず市外の多くの方々へ広める事により、まちと人を結びつける活動を行ってまいります。

事業計画

・繋がりが生み出す活気溢れるまちづくり事業の創造
・まちづくり事業の開催
・第8回いちはら大綱引の開催
・会員拡大及び育成
・例会の企画及び開催
・出席率向上の取り組み
・LOM事業への積極的な参加
・日本青年会議所事業への積極的な参加
・出向者への支援
・積極的な広報活動
・まちづくり運動の推進
・年間活動報告の作成
・関係資料の整理及び管理
・災害復興支援の推進