みらい育成委員会

委員長 国分 直基

事業方針

 昨今のコロナ禍等でコミュニケーションに大きな転換期を迎えた事により、人との直接的な関わり方の希薄化が懸念されます。この様な急速な環境の変化に迅速に正しく対応し、しっかりと向き合うべき時であり、子どもたちを取り巻く新たな環境について市原JCとしても真摯に考える必要があります。子どもたちのことを想い様々な青少年健全育成事業を展開してきましたが、時代の変化により即したものにするために、子どもたちの思いや考えを取り入れ検証し反映する事が重要だと考えます。

 本年度は「いちはらキッズサマーキャンプ」の開催を通して、子どもたちにとって新しい環境や困難な状況にも果敢に挑戦する勇気や、様々な価値観をもった人と人間関係をつくることのできるコミュニケーション能力、そして相手を理解し受け入れ思いやることのできる広い心を育てるために、人とのふれあいや自ら考え身体を使うことで得る直接的な体験を提供し成長していく機会を設けていきます。
また「かずさカップサッカー大会」では、子どもたちに勝負に負けたとしても相手を称えられる強く前向きな心であるグッドルーザーの精神を伝え、道徳心を持つ自立した人材を育みます。

 私たち青年会議所の発信する事業が、未来の宝である子どもたちの将来の可能性を広げ、これからの人生を生きていく糧になるよう、みらい育成委員会は邁進いたします。

事業計画

・第8回いちはらキッズサマーキャンプの企画、実施
・第28回かずさカップサッカー大会の企画、実施
・原点回帰の意識改革と時代に即した組織改革の促進
・25名必達会員拡大及び新入会員の育成
・持続可能なまち市原の実現に向けたSDGsの推進
・例会の企画、実施
・各例会、事業の検証及び引継
・出席率向上の取り組み
・LOM事業への積極的な参加
・日本青年会議所事業への積極的な参加
・出向者への支援
・まちづくり運動の推進
・年間活動報告の作成
・関係資料の整理及び管理
・災害復興支援の推進