いちはらブランド確立委員会

委員長 平出 泰秀

事業方針

 現在、市原市は豊富な資源を有するにも関わらず、誇りを持つ市民が半数を超えていない調査結果があります。私たちはJC運動・JC活動を通し、市民に誇りを持ってもらう割合を高め、まちに活気が溢れ、人が集まるまちづくりに寄与していく必要があります。
 私たちはいちはらが有する魅力をより知ってもらうために、行政、関係諸団体と連携を取り、数多くある観光資源を検証し発信していくことで、いちはらブランドの確立につなげます。さらにいちはらのファンを増やすべく、メンバー一人ひとりがいちはらの良さを、市内外へより発信できるようになるために、発信力を高めることができる機会を設けます。

 また、第9回を迎えるいちはら大綱引では、団長を中心とした実行委員会にて協議を重ね、それぞれの地区の特色や歴史を紐解き、各軍のみならず市内外へ広く発信し、地域の魅力や事業の開催目的をより周知させることで、本事業をわがまちのブランドの一つとなるよう邁進していきます。各軍が率先して自軍を盛り上げていけるよう連携をとり、市民の市民による市民のための祭りというビジョンに近づけます。

 市民がまちに誇りを持ち、愛着の持てるいちはらブランド確立に向け、私たちは全力で活動してまいります。

事業計画

・第9回いちはら大綱引の企画、実施
・原点回帰の意識改革と時代に即した組織改革の促進
・25名必達会員拡大及び新入会員の育成
・持続可能なまち市原の実現に向けたSDGsの推進
・例会の企画、実施
・各例会、事業の検証及び引継
・出席率向上の取り組み
・LOM事業への積極的な参加
・日本青年会議所事業への積極的な参加
・出向者への支援
・まちづくり運動の推進
・年間活動報告の作成
・関係資料の整理及び管理
・災害復興支援の推進