青少年育成委員会

委員長 瓜澤 和忠

事業方針

 市原青年会議所では、地域の宝である子どもたちが地域の中で健やかに育つよう様々な青少年健全育成運動を行ってまいりました。現代では、少子化や家庭環境の変容、地域コミュニティの衰退など社会環境の大きな変化が起こっています。そのような変化に影響を受け、子どもたちの自尊感情の低下や社会性不足が危惧されている昨今、他者を理解し尊重し合う事の重要性が高まっています。そのために、担当例会を通じて現代の健全育成に求められている事についてメンバーが深く理解を図り、共通の認識をもって青少年健全育成を推進してまいります。

 第5回目となるいちはらキッズサマーキャンプでは、市原青年会議所一丸となり「感謝の心」「友情の心」「命の尊さ」を伝える事で子どもたちの自尊感情を高め、自主性を養うプログラムを拡充させます。さらに、社会性の向上を図る為に異年齢、他地域との交流を設け、様々な環境においても自助・共助の考えに基づき、課題に対して自ら考え共に挑戦することが出来るよう促します。

 青少年育成委員会では、子どもたちの未来を預かる者としての責任を自覚し、全ては子どもたちの未来の為であるという理念に基づいた運営を行います。また、委員会メンバー1人ひとりが活動の主役としての気概を持ち、すべての力を結集し我がまち市原の明るい豊かな未来のため活動してまいります。

事業計画

・未来の市原を担う子供たちの健全育成
・第5回いちはらキッズサマーキャンプの開催
・会員拡大及び育成
・例会の企画及び開催
・出席率向上の取り組み
・LOM事業への積極的な参加
・日本青年会議所事業への積極的な参加
・出向者への支援
・積極的な広報活動
・まちづくり運動の推進
・年間活動報告の作成
・関係資料の整理及び管理