笑顔溢れるまちづくり委員会

委員長 小出 雄太

事業方針

 市原青年会議所は、創立以来我がまち市原発展のために尽力し、その精神は今日まで受け継がれてきました。私たちはこれからも常にその時代の課題と向き合い、明るい未来を切り開いていく運動を続けていくことが必要です。

 今年度笑顔溢れるまちづくり委員会では、近年の市原市で問題となっている若い世代の人口流出の課題を解決する一端を担うため、このまちを愛する青年として先頭に立って、郷土愛を育むまちづくり運動を推進して参ります。

 今年で第5回の節目を迎えるいちはら大綱引を、先輩諸兄の意思を引き継ぎ、市原の名物として強く根付かせます。東西南北各地域の伝統と誇りを胸に老若男女問わずに参加していただき地域の絆を深め、引き手も観客も楽しむことのできる内容を盛り込み、市民に愛される祭りを目指します。そして私たちが誇りを持って「市原名物、いちはら大綱引」と市内外に大きく発信し、市民、行政、関係団体と一体となって盛り上げます。

 本事業を中心とする私たちのまちづくり運動が人々を「スマイル」にし、「このまちに住み続けたい」という気持ちが生まれ、市原市の更なる発展の一助に繋がると確信しています。

事業計画

・笑顔溢れるまちづくり事業の継続
・第5回いちはら大綱引の開催
・100名LOMへの絶対会員拡大及び育成
・例会の企画及び開催
・出席率向上への取り組み
・LOM事業への積極的な参加
・ブロック事業への積極的な参加
・出向者への支援
・積極的な広報活動
・まちづくり運動の推進
・年間活動報告の作成
・関係資料の整理及び管理