交流委員会

委員長 戸叶 健生

事業方針

 市原青年会議所は、近年の拡大活動の成果により県内最大級の会員数となりました。しかしながら、委員会参加率の低下や例会出席率が50%に満たないこともあり、このままでは組織の弱体化が進んでしまいます。この理由として、メンバー同士の交流が希薄になっている事や、例会の重要性や事業の意義を伝え理解してもらう機会が少ないことによる参加意欲の低下が原因であります。今後も市原青年会議所の誇りや伝統を未来に引き継ぐためにも、会員同士や先輩諸氏との交流する場を創出することで連携強化し、信頼関係を築いていくことで強固な組織構築を促し、より活発なJC運動に繋げる必要があります。

 本年度は、市原青年会議所の会員同士が交流する機会をつくると同時に、メンバー同士が互いの仕事や家庭について理解し尊重できるような企画を実行することで、参加しやすい環境構築をし、出席率の向上を目指します。更に、今後のより良い事業の運営、構築を促すために、多くの事業に携わってきた先輩諸氏との交流の機会を設けていきます。

 これらの活動を通して、連携強化された市原青年会議所は、より活発なJC運動によって「明るい豊かな社会の実現」に貢献します。

事業計画

・大きな力を生み出す会員の交流
・会員拡大及び育成
・例会の企画及び開催
・出席率向上の取り組み
・LOM事業への積極的な参加
・日本青年会議所事業への積極的な参加
・出向者への支援
・積極的な広報活動
・まちづくり運動の推進
・年間活動報告の作成
・関係資料の整理及び管理
・災害復興支援の推進