サマキャン運営委員会

委員長 鈴木 伸哉

事業方針

 現代の子どもたちを取り巻く環境は、情報化の進展に伴い日々の暮らしは効率的で便利になった反面、対面コミュニケーション能力の低下が指摘されています。このような時代であるからこそ、子どもたちが互いに助け合い協力する場を作り、心から「ありがとう」と言い合えるコミュニケーションの機会が必要です。その機会を通して、日頃何気なく過ごしている環境が、本当はとても有難い事で溢れている事に気が付き、他者を思いやり感謝する気持ちが芽生えるのだと考えます。

 本年度、第6回を迎える「いちはらキッズサマーキャンプ」を通して、多くの人の支えがあって生きていることを子どもたちが理解し、「感謝の心」「友情の心」「命の尊さ」の重要性を学ぶ成長の場を設けていきます。

 サマキャン運営委員会は、これまでの経験だけではなく、子どもたちの為に安全面も十分に考慮した運営を行うため、新たな知識を身に付ける場を企画します。私たち大人も学ぶ姿勢を大切にし、未来を担う青少年への手本となるべくメンバー一丸となり運営してまいります。

事業計画

・豊かな心を育む青少年健全育成事業
・第6回いちはらキッズサマーキャンプの開催
・会員拡大及び育成
・例会の企画及び開催
・出席率向上の取り組み
・LOM事業への積極的な参加
・日本青年会議所事業への積極的な参加
・出向者への支援
・積極的な広報活動
・まちづくり運動の推進
・年間活動報告の作成
・関係資料の整理及び管理
・災害復興支援の推進